《食》Hanako世代のゆる精進料理②

皆さまこんにちは。やっと秋らしい陽気になってきましたね。過ごしやすくて、運動したくなる今日この頃。
わたしは、またランニング再開しました!
体調不良だったけど、少しずつ治ってきたので。
お散歩でも1時間のんびりとしても、いい運動になりますので、皆様もぜひ「早歩き散歩」してみてください!

前回は、Hanako世代のゆる精進料理で、テーマは「きのこ」でした!
今回は、秋も深まりつつある10月の終わりにふさわしいこちらのお料理を伝授いたします!
テーマは「和ポトフ」です。
お昼に作って、夜食べても、味がしみておいしい、ほっこりする一品。
野菜を大きめにカットして、食べ応えもあり、体が喜ぶメニューです。
まずは、基本の作り方を伝授します!

【材料 2人分】
●じゃがいも 1個(8等分くらいにカット)
●人参 1本(乱切りで、一口大にカット)
●たまねぎ 1個 (少し大きめのくし形に切る)
●すりおろし生姜 小さじ2
●すりおろしにんにく 小さじ2
●出汁 600ml(顆粒だし 小さじ2 で、代用も可)

◯塩 小さじ1
◯黒胡椒 少々
◯醤油 小さじ1

【作り方】
① 出汁と生姜、にんにくを入れた鍋に材料を、たまねぎ、にんじん、じゃがいもの順に入れて、柔らかくなるまで、煮込む。中火で5分、そして、人参投入、5分煮込み、じゃがいも入れて、10分煮込む。
② 調味料を入れて、味を整えて完成。

※お好きな野菜はもちろん、キャベツ、かぶ、ごぼう、きのこ類、ブロッコリー、レンコンなど入れてもおいしいです!

こちらを年代別に応用してみましょう。

●40代のレシピ●
【トマトポトフ】
トマト缶を1/2と、ウィンナーを4〜5本入れて、煮込みます。ウィンナーがあたたまったら、(8分程度)セロリを投入。
塩コショウで、さらに味を整えて、隠し味に、味噌を小さじ1入れて、10分煮込みます。お好みで、一味唐辛子をかけてもおいしいです。

●50代のレシピ●
【根菜のみそポトフ】
一口大に切った大根を、下茹でしておく。
ごぼう、レンコンをお好みの大きさにカットして、中火で10分程度煮込む。
白みそを大さじ2いれる。
さらに弱火で10分煮込む。
具沢山のみそしるポトフの出来上がり♪

●60代のレシピ●
【鮭の豆乳ポトフ】
一口大に切った、生鮭をフライパンで、焼き目がつく程度に焼いておく。
白みそを大さじ1いれる。豆乳を200mlいれて、5分中火で煮込む。
ほうれん草をいれて、さらに弱火で5分煮込む。

ひとつのレシピから、こんなに広がります♪ 味変えしてもよし、具材を変えてもよし、冷蔵庫とにらめっこして、ぜひ、いろんな具材、調味料でチャレンジしてみてください!

根菜は、体を温める効果があります。
野菜の出汁がたっぷりでるポトフは、シチューにも応用できますし、ほんと、アレンジレシピの宝庫!!とも、言える万能料理♪ きっと、料理が楽しくなること間違いなしです!

そして、これから、冬に向けて、丈夫な体を作っていきましょう!
季節ごとの旬な野菜や食材をふんだんに、使って、体の中からキレイになってくださいね。

木沢いずみ

梅酒と青森ごはん tuakjam オーナー。

2007年より三軒茶屋にて、「梅酒と青森ごはん」の店、『tuakjam』をオープン。今年で10周年を迎えます。

以前働いていた焼酎バーでの知識を生かして、“酔いしれる「梅酒・焼酎・泡盛・果実酒」を中心に取り揃え、「お酒に合うごはん」を提供しております。一人飲みを楽しく、日々の生活に寄り添う、まさに“大人の学校”のような、お店です。『楽しみながら学ぶ』というのを、テーマに、和ごはん料理教室も定期的に開催。

また、『武士の食卓』では、プロ講師を取得。和文化をみなさんと一緒に「おいしく、楽しく」日本の文化を継承していきたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP