《食》Hanako世代のあったかごはん リゾット編

皆さま、こんにちは。和文化チームかぐや姫の食担当の木沢です!
めっきり寒くなりましたねー。もう冬用のコート、出しちゃいましたー。帰りが遅いのでマフラーも必需品!冬本番に向けて、体は温めないとです!!

そこで、今回はあったかごはんのレシピをご紹介しようと思います。
時短でおいしくできる「リゾット」編です!

実はとても簡単にできるお料理なんです♪ パーティーなんかにも出せる“おもてなしごはん”にもなるメニューですので、ぜひマスターしてください☆

基本のリゾット 作り方

【材料 2人分】

  • 玉ねぎ 1/2 個
  • 顆粒のとりだし 小さじ2
  • とろけるチーズ 2枚
  • バター 10g
  • 塩コショウ 適量
  • 米 200g
  • 水 200ml(牛乳や豆乳でもOK)

【作り方】
① 玉ねぎをみじん切りにする。
② バターをフライパンで熱して、溶け出したら玉ねぎを炒める。
③ 色が透明になってきたら、水を入れ、グツグツしてきたら、米を入れて、だし、塩コショウをいれる。
④ 水分が少なくなってきたら、チーズを入れて、さっと煮て、完成!

豆乳や牛乳は、焦げやすいので、火を弱めて、気をつけてくださいー^ ^
これが私流の基本の作り方です!
年代別のオススメ具材のご紹介をします!

●40代● -代謝アップ-
『生姜とホタテのみそリゾット』

玉ねぎを炒めるタイミングで、細みじん切りにした生姜を投入!ホタテを入れて炒めたら、水を入れ、みそを大さじ1いれます。この時、塩コショウはいりません!
チーズをいれて、軽く煮込んで完成です。
上から、小口ネギ、海苔、ごまなどトッピングしたら、和風になっておいしさ倍増です٩̋(๑˃́ꇴ˂̀๑)

●50代● -からだリセット-
『野菜たっぷりトマトリゾット』

玉ねぎを炒めるタイミングで、ニンニクのみじん切りを入れて、食べやすい大きさに切った蓮根、アスパラ、セロリを入れ、炒めます。トマト缶、200ml入れて、水を100mlいれ、グツグツ煮込みます。
生クリーム少しいれても、コクが出て洋風になり、おいしくなります!
チーズもたっぷり入れて、ブラックペッパーを上からかけて、完成!

※魚介、チキンなど入れてもおいしいです!
●60代● -疲労回復-
『チキンとほうれん草と長芋のリゾット』

玉ねぎを炒め、色が変わったら、一口大に切ったチキンを入れ、炒めます。火が通ったら、長芋をいれ、軽く炒めます。水を入れ、米を入れて、グツグツしてきたら、ほうれん草を投入!隠し味にお醤油を小さじ1/2程度いれると、風味アップ♪
チーズを入れて、煮込んで、完成です!

リゾットは、煮込んで来ると味が濃くなるので、お好みで調整してみてください!
薄味にも濃い味にも、できちゃう万能なメニュー!
お好きな具材を入れてアレンジもできますし、冷蔵庫の中とにらめっこしながら、ぜひ、一度作ってみてくださいね!

今回もありがとうございました!次回もお楽しみにー(^ ^)

木沢いずみ

梅酒と青森ごはん tuakjam オーナー。

2007年より三軒茶屋にて、「梅酒と青森ごはん」の店、『tuakjam』をオープン。今年で10周年を迎えます。

以前働いていた焼酎バーでの知識を生かして、“酔いしれる「梅酒・焼酎・泡盛・果実酒」を中心に取り揃え、「お酒に合うごはん」を提供しております。一人飲みを楽しく、日々の生活に寄り添う、まさに“大人の学校”のような、お店です。『楽しみながら学ぶ』というのを、テーマに、和ごはん料理教室も定期的に開催。

また、『武士の食卓』では、プロ講師を取得。和文化をみなさんと一緒に「おいしく、楽しく」日本の文化を継承していきたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP