梅雨の憂鬱な重だるさを吹き飛ばしましょ♡

伊藤 美由紀
コミュニケーション&笑いのあるヨガレッスン。
わかりやすく丁寧で、初心者、体が硬い方も安心して楽しめる。
どんな年代でも気軽に参加出来、リラックス&楽しいと好評。
ヨガを始めてみたいと思う方にお勧め♡

梅雨の良いとこにフォーカスを

6月になり梅雨に入ってじめじめして、日に当たる機会も少なく、体も重だるく、気分も晴れない時期ですよね。
この時期はどうしても悪いほうに捉えがち・・・

でも梅雨時期だからこそ良いことがありますよね。
同じ時を過ごすなら、良いほうにフォーカスしてみませんか?

その良いことの一番は、水不足解消!!
人間にとってなくてはならない水ですね。

飲み水としては勿論、お洗濯、清掃時、排せつなどで人が生きていく上で、なくてはならないもの、不足してしまうととっても困るものですよね。

雨が降ることで湿度が保たれ、お肌も潤い美容にも良いですね✨

雨の音には、リラックス効果があり、気持ちを癒してくれる作用もあります。

又、この時期は可愛い、紫陽花が咲く季節、お散歩しながら色とりどりの紫陽花を見れるのも、この時期ならではです。

こうやって探してみると、梅雨の時期には、梅雨時期の体と心にとっても良いことがあると気付いて頂くと、この時期を楽しく過ごせること間違いなしですね。

梅雨の良いとこ探しをして、ポジティブに乗り切りましょう。

梅雨時のファッションも楽しみましょ

傘やレインブーツ、レインコートは雨が降るからこそ、楽しめるアイテムですよね。

梅雨時期はそんなアイテムが一番活躍するとき、気分が上がる色、柄物を合わせてみたり、ファッションでも楽しんでみませんか?

雨で憂鬱だな~という、ネガティブな思いもお気に入りの傘などのアイテムを持つだけで、そんな気分も吹き飛ばしてくれるはず・・

お気に入りの傘、レンブーツ、レインコートなどを着て、お出かけしてみたら、きっと気分が上がるのではないでしょうか。

この時期は特に店頭でも、お勧めのアイテムとして、目に付くと思いますので、新しいものに、変えてみてもいいですね。

よく、上空を色とりどりの傘で、幻想的な空間を演出している、テーマパークでのイベントもありますよね。

この梅雨ならではの、フアッション、イベントを楽しんで、気持ちを上げていきましょ。

『猫の伸びのポーズ』

血流をよくして、重だるさを解消ヨガ

梅雨の重だるく、気分の晴れない時の解消ヨガポーズ1つ目を紹介しますね。
猫の伸びのポーズです。

効果としては、腕を伸ばすので血流が良くなり、肩こり解消、胸も開くことで、気持ちも前向きになります。

ヨガマットの上か、膝を付くので痛いと感じる方は、下にタオルなど敷いて下さいね。

ご注意として、手の位置がご自身から離れるほど、難易度が上がります。
痛いな~とか、呼吸しずらいな~と思ったら、手の位置をご自分のほうへ近ずけるように、調整して下さいね。

下の①~⑤の順にやってみましょう。

  1.  腕は肩幅、足は腰幅の四つん這いの姿勢になります。
  2.  膝の上にお尻の位置のまま、手をご自分から離すように、手のひらをゆっくりと前に出していき、額をマットにつけます。
    額をつけると腕や脇が痛い、苦しい場合は付けなくて大丈夫です。
  3.  さらに余裕があれば、顎をマットにつけて、胸をマットに近づけるようにして、胸を開くことを意識します。
  4. ゆっくり呼吸をしていきましょう。
  5. ポーズを解く時は、手をゆっくりとご自分のほうに戻して、四つん這いの姿勢に戻していきます。

体がスッキリした感じ、伸びた感じや、ご自分にプラスになっていると感じれば大丈夫です。

痛みや、呼吸がしづらかったと思ったら、無理をしている場合があるので、手の位置を一歩手前に戻すなど、ご自分の体と相談しながらやってみて下さいね。

『木のポーズ』

気持ちを落ち着けて集中力アップ

二つ目は木のポーズです。
ヨガっていうとよく見るポーズの一つだと思います。

効果は集中力、バランス力アップ、体幹も鍛えて、美脚効果もあると言われているお勧めのポーズです。

ヨガマットがあればその上で、無ければバランスがとれる、床の上でも大丈夫です。
ふかふかしているとこだと、バランスがとりにくいので、なるべく平な所を選んでもらったほうがやりやすいです。

では①~⑧の順番でやってみましょう!!

  1. 骨盤正面にして立ちます、徐々に右足に重心をかけて、右足だけでしっかり立つようにします。左右どちらかに傾かないように、重心は真ん中を意識しておきます。
  2. 左の膝を外側に開き、かかとを右足のくるぶし付近にあてます。
    この時も骨盤は正面に向いていること、体幹も使うので、お腹を引き上げる意識、(お尻の穴を軽く閉めると感覚がわかると思います)
  3. ここからは余裕があれば、足の位置を上げていきます。膝は痛めてしまうので、避けて下さいね
  4. まずは足の裏を脛に
  5. さらに上げれたら、手でサポートして腿の付け根に置きます。
    当たっている足の裏と腿で押し合いっこすると、さらに重心が真ん中にきます。
  6. 胸の前で合掌、目線は正面です。
    余裕があれば息を吸いながら、合掌の手を天井のほうへ上げていきます。
    何呼吸かしながらポーズをキープします。
  7. ポーズを解くときは、呼吸しながら、ゆっくりと合掌の手を胸の前。
  8. 上げている左足を地面に、合掌の手も下げていきます。

同じように反対側もやってみて下さいね。

このポーズは左右差がでやすいので、どっちの足で立つほうがバランスがとれるとか、足が開きにくいとか色々な気付きも多いポーズです。
でもそれだからといって、ご自分を責めないで下さいね。

私も最初は、片方しか出来ませんでしたので・・
ちょっとずつ焦らずにやっていきましょう。

このポーズは私のレッスンでやると、笑いもあり盛り上がります。

なので、楽しんでポーズをして頂けたらと思います。

お一人で集中してやっていただいても、ご家族や、ご友人たちと、コミュニケーションをとりながらやってみても、楽しいポーズだと思います。

大地に根を張る木のように、イメージしてやってみて下さいね。

プロフィール

東京出身。専門学校卒業後、食品会社に入社。美容関係のショールーム勤務。
派遣社員として様々な企業を経験。

自身が人間関係のストレスにより睡眠障害になり、ヨガに出合い自律神経
が整えられることによって改善。そのことがきっかけでヨガの良さを実感し、
ヨガインストラクター養成スクールにて資格取得。
同じように悩みを持つ方に寄り添える、ヨガ講師として日々精進。

【主な活動】
2017年よりヨガ講師として、都内岩盤浴ヨガスタジオでクラスを約1年担当
その他、スポーツクラブでも経験。
練馬区、豊島区で自主開催、オンラインでも開催
現在はシーザジム浅草でもクラスを担当
どんな年代でも気軽に参会、ヨガを通して居場所作り
楽しむ、元気、癒しをご提供

◆Instagramはこちら
https://www.instagram.com/kirana.ibasyo

◆Facebookはこちら
https://www.facebook.com/profile.php?id=100035073675863

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP