第4回 SNSとの程良い付き合い方

佐藤健陽
佐藤たけはるカウンセリングオフィス代表福島大学経済学部卒業後、パチプロ、麻雀店勤務を経て、30代後半に東京福祉専門学校入学。卒業後は障害者の就労支援に携わる。2017年カウンセリングオフィス開業。精神疾患から高齢者まで、全てのジャンルの人を対象にカウンセリングを提供している。対人援助職向け研修、講演等も行っている。YouTubeチャンネル2つ。
社会福祉士、精神保健福祉士、シニア・アドラー・カウンセラー。産業カウンセラー北関東支部講師、東京社会福祉士会高齢者夜間安心電話委員長。主な著書に『あがり症は治さなくていい』(旬報社)、『人前で話すのに自信が付くアドラー心理学』(アルテ)、『ソーシャルワーカーのためのアドラー心理学』(アルテ)等。メンタルヘルス全般に渡って、知って役に立つ知識や、コミュニケーション法、感情との付き合い方などをお伝えしていきます。

カウセリングをしていると、SNSで感情が揺れたり疲れてしまうことが、よく話題に登ります。
というよりも、もしかしたらほとんどの人が、SNSで何かしらネガティブ感情を感じたことがあるのではないでしょうか。
今日はそういった方々のお悩みへの回答として、「SNSとの程良い付き合い方」というテーマでお伝えします。

SNSに振り回される人々

Twitter、YouTube、LINE、Facebook、Instagram、等々、もはや私たちの日常にSNSは欠かすことのできない存在です。
ふと、電車の中の人達を見回すと、それこそスマホを見ていない人の方が少ないのではないでしょうか。

私自身もそうですが、何か手すきになると、何も必要はないはずなのについついスマホをもぞもぞと取り出してしまいます。

仕事中でも、歩いている時も、食事をしている時も。
時には、トイレで、寝る時間を削って、朝起きた時すぐに・・・
これらは、そうすることにメリットがあるからこそ、そうしているのです。

その背景には、以前にSNSで何か投稿することで「いいね」を押してもらったり、あるいは何か役に立つ情報が得られたり、LINEなどで友達とコミュニケーションして楽しかったりといったように、かつて何らかのメリット~報酬が得られたからこそ、再びスマホを見てしまうのです。

ところが、必ずしも毎回メリットが得られるとは限りません。
良い情報が得られなかったり、「いいね」をあまりもらえなかったり、コミュニケーションできなかったりといったように。

人の動機づけは、毎回報酬が得られるよりも、たまに報酬が得られた時の方がより行動を強化します。
これを心理学の用語で、「オペラント条件付け」と言います。

パチンコか競馬のように、たまに当たるからこそまたやってみたくなって人を依存させるのです。
毎回当たったら、逆につまらなくなってしまうのが人間というものです。

そうして、SNSで前に得られたような報酬を求め、必要がなかったとしてもついつい手を伸ばしてしまうのです。
そして、それで望むものが得られないと、何を探しているかは分からないのに何かを求めて、スマホをむさぼり続けます。

嚙んでも嚙んでもお腹いっぱいにならないガムで食欲を満たそうとしているようなものです。

そうしてむさぼっている中で、誰かと比べて劣等感を感じたり、人に否定されたように思えて心がざわついたり、腹が立ったりと、様々な感情が湧き起こります。

それに対して私がまず最初に言いたいことは、SNSをやる以上はそういった感情から逃れることはできないということです。
冷たいようですが、それが真実ではないでしょうか。

しかし、そういった感情に揺さぶられる度合いが強い人もいれば、さほど影響を受けない人もいます。
その違いはどこにあるのでしょうか。

SNSに揺さぶられる人の特徴と対処法

感情を強く揺さぶられる人の特徴として、以下のようなものが挙げられます。

  1. 境界線が薄い
  2. 所属感がない
  3. 心が満たされていない

まず、「1.境界線が薄い」ですが、これは他者や世界との間の境界線がない、もしくは薄い方々です。
他者の感情をもろにもらってしまったり、人と接していると疲弊してしまう、いわばHSPと最近よく言われるような繊細さんもそうかもしれません。

自分と他者を分ける境界線は、何とはなしに人それぞれ持っているものですが、こういった方々はこれまでの人生体験や気質的なものでそうなっているので、境界線を意図的に作る必要があります。

要は、スマホと接する時間をいかに減らすかということです。
言わば、セルフフィルターを設けるのです。

時間を決めるか、電源を切るか、意図的にスマホ断ち、スマホデトックスをしない限りは難しいでしょう。
そして、スマホをやるもやらないも、自分が選択して自分が決めている実感を持つことが大事です。

スマホの奴隷になるのではなく、自分の意志で変えられる実感を持つためにも、ちょっとの間だけスマホ断ちしてみるとか、小さなことから始めていくといいでしょう。

変な話、5分でも10分でもいいです。
自己効力感(セルフ・エフィカシー)とも言いますが、自分でやってみて自分でできたという体験は、自分にはそれをできる力があると実感できるからです。

次に、SNSに揺さぶられる人の特徴の二つ目、「2.所属感がないこと」です。
本質的に人は所属への欲求を持ちます。
つまり人とのつながりを求めます。
これは人間である以上あらゆる人がそうです。
人とつながっていない人はこの世界に安心感を抱けません。
しかし一方、人を求めながらも人はめんどくさい。
人が恋しいのに人に傷付く。
それもまた人間です。

だから対面的なコミュニケーションを求めることもあれば、それが億劫で、距離のあるコミュニケーションの方が楽なこともあります。
それを埋めるのが、SNS上でのコミュニケーションです。

いざとなったらコミュニケーションを断っても、対面の時より支障が少なかったり、あるいはストレスなく簡便にやり取りできます。

しかし、簡便さにはコミュニケーションのずれが付き物です。
対面であれば、表情を見てより繊細なやり取りができるのに、SNS上では実際に思ったり感じていることと、文言がズレてしまうことがよくあります。

また、発した側が意図したことと、受け手との間に認識のずれが生じることもまた付き物です。
ある意味、対面の時とはまた違った意味での繊細なコミュニケーションが求められているとも言えるでしょう。

そして、やはりどうしても対面でのつながり感や所属感より、SNS上でのそれは見劣りしがちです。
ましてやそれが、「いいね」などを求める承認欲求だと、相手からもらうものである以上、自分にはコントロール不能なものです。
そうして、他者次第の人生~承認欲求の奴隷になります。

そこから逃れるためには、リアルの世界でのつながり感を増していくことに尽きます。

家族と、友達と、リアルで話しましょう。
会いましょう。
居場所を見つけましょう。
何か好きなことをしましょう。
そして、そこで充足感を得ましょう。
そうして、承認欲求の奴隷解放をするのです。

最後に「3.心が満たされていない」です。

人は、心が満たされてないからこそ、何かを渇望します。
そして、その渇きは得てして手っ取り早いSNSに向かいます。

わずか10センチ程度の箱が、あたかも自分の世界の全てのようになってしまいます。
そのミクロな世界から一旦離れて、現実世界に目を向けましょう。

世界と繋がるのです。

流れていく雲、風の揺らぎ、太陽のぬくもり、小鳥のさえずり、大地の感触、五感でこの世界を感じると、人は自然に心落ち着くようにできています。
だから、10センチの世界から、顔を上げてこの世界を見渡し、耳澄ますのです。
そしてもう一つ、人が満たされるためには自分の存在意義を実感することが欠かせません。
そのためには、誰かの役に立っていることを実感する必要があります。

貢献です。

だから、目の前の仕事に一生懸命取り組みましょう。
人の話に耳を傾けましょう。
人に優しいことをしましょう。
あーじゃないかこーじゃないかと考えてばかりいるのではなく行動するのです。
思考は、その自由さゆえに、いとも簡単にネガティブワールドを作り出します。

人に嫌われたに違いない、傷付けたに違いない、あの人は冷たい人だという、幻想のネガティブワールドです。

真実は行動の中にこそあります。

だから、役に立っていることを実感するために、行動しましょう。
ささやかなことでいいです。

何か手伝えることはないか聞いてみましょう。
梱包に心を込めましょう。
より良い製品を作りましょう。
世界はシンプルです。

心満たされた人間は、スマホに振り回されることはありません。
スマホの奴隷ではなく、スマホの支配者として、自分にとって程良い距離感で、その利便性をフルに活かしていけるといいですね。

佐藤たけはるカウンセリングオフィス
https://takeharukokoro.jp/

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP