《食》50代のオトナ女子の“体を整える” ごはん

皆さま、こんにちは。
水曜日の食のコラム担当の、木沢いずみです。
最近は、少し暑さも和らいできましたね。
皆さまいかがお過ごしでしょうか。
私は、まだまだエアコンが手放せずにいます。これからの季節、気温差で夏から秋へと体もシフトチェンジしていかなきゃいけないので、体調崩される方も少なくありません。
そこで、今回は「からだを整える」ということに、クローズアップしていこうと思います。そして、[50代のオトナ女子]に特化していきたいと思います。

50代にさしかかると、
●太りやすい
●女性ホルモンバランスの低下
●顔が火照りやすい
など、閉経前の体の変化が、感じられます。
ホルモンバランスの変動に影響されて、自律神経のバランスが乱れやすく、心も不安定になります。

50代は、「食生活の転換期」とも言われております。
では、何を食べたら良いか。どのように食べたらよいか。をお伝えします。

まず、目標にしていただきたいのは
●低糖質
●高酸素
●高体温
この3つです。
体のエネルギー回路が、糖質系からミトコンドリア系回路へと変化していきます。

そして、野菜を中心に食べていただきたいと思います。
体内の糖化を防ぐのには、「お焦げ」はできるだけ、避けた方がよいので、焼き料理より「蒸し料理」か「煮込み料理」がオススメです!

大豆には「イソフラボン」キャベツには「ボロン」という、エストロゲンに似た作用のあるものが入っております。
この2つは、特に食べていただきたい食材です!

では、今回のレシピをご紹介いたします。

『キャベツとエリンギと茄子のわさびみそ和え』

【材料 2名分】
⚫︎ エリンギ 1パック
⚫︎ 茄子 2本
⚫︎ キャベツ 2枚
⚫︎ 厚揚げ 1/2個
⚫︎ みそ 大さじ2
⚫︎ みりん 大さじ1
⚫︎ だし 大さじ3
⚫︎ わさび 小さじ1
⚫︎ ごま油 大さじ1

【作り方】
① エリンギは手で縦に割く。食べやすい大きさに。
② 茄子は半分に切って、大きめに切って、縦に包丁をいれる。
③ キャベツは手でちぎる。
④ 厚揚げは、2センチ角に切る。
⑤ シリコンスチーマー、ない場合は、お皿に茄子とキャベツを入れて、3分程度レンジで蒸す。
⑥ エリンギも同様に、蒸す。
⑦ 厚揚げはごま油で軽く炒めて、5.6を入れる。
⑧ みそ、みりん、だしを混ぜ合わせて、上にかける。
⑨ わさびを上にのせて、ごまをかける。
出来上がり!

多くの種類を食べて、栄養バランスを整える。
これがとても、重要です!
冷蔵庫にある食材を、バランスよく見て、ぜひ、アレンジして、作ってみてください!

ありがとうございます!

木沢いずみ

梅酒と青森ごはん tuakjam オーナー。

2007年より三軒茶屋にて、「梅酒と青森ごはん」の店、『tuakjam』をオープン。今年で10周年を迎えます。

以前働いていた焼酎バーでの知識を生かして、“酔いしれる「梅酒・焼酎・泡盛・果実酒」を中心に取り揃え、「お酒に合うごはん」を提供しております。一人飲みを楽しく、日々の生活に寄り添う、まさに“大人の学校”のような、お店です。『楽しみながら学ぶ』というのを、テーマに、和ごはん料理教室も定期的に開催。

また、『武士の食卓』では、プロ講師を取得。和文化をみなさんと一緒に「おいしく、楽しく」日本の文化を継承していきたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP