《食》40代のオトナ女子の代謝アップごはん

皆さまこんにちは。第2.4水曜の食コラム担当の木沢です。
皆さま、お盆はどう過ごされましたか?
私は、地元の青森へ帰省し、東京の暑さから逃れてきました(笑)
やはり、青森は涼しいです。パワーチャージして、帰ってまいりました!

さて、今回は、「40代のオトナ女子の代謝アップごはん」について、お話しさせていただきます。
前に、40代は体の変化が目に見えて感じ始める年代に差し掛かるとお伝えしました。
40代の女性のテーマ、それは、『代謝アップ』です!!
●疲れやすい
●くすみ、シミ、シワなどの肌トラブル
●太りやすい
などが、お悩みで多く挙げられます。

いつまでも、「イイ女」で、いられるような食のプチアドバイスをお伝えします。

代謝をあげるというのは、基礎代謝を上げる。ということです。
1日何にもしないでも、消費するエネルギーを基礎代謝といいます。
この基礎代謝を上げるには、ビタミンとタンパク質を摂取することが、重要です!
中でも、ビタミンB群をとってください。
こちらは、水溶性なので、少量を頻繁にとることがコツです♪

では、ビタミンB群は、どうやってとったらいいのか。
ビタミン群は互いに協力し合って、「糖質 ・脂質・タンパク質」の代謝に関わっているので、複数のビタミンを合わせてとると、高い効果が期待できます。

そこで、ビタミンB群が、とりやすいレシピをご紹介いたします。

『まぐろとアボカドの納豆玄米丼』

【材料 2人分】
⚫︎ まぐろ 200g
⚫︎ アボカド 1個
⚫︎ かいわれ 1/2パック
⚫︎ 納豆 1パック
⚫︎ 生姜 1/3片
⚫︎ 卵黄 2個
⚫︎ 玄米ごはん 2膳分
⚫︎ 白ごま 適量
⚫︎ 醤油 大さじ3
⚫︎ わさび 大さじ1
⚫︎ 本みりん 大さじ2

【作り方】
① まぐろを食べやすい大きさに切る。
みりん、醤油、わさびを合わせたものをまぐろに和える。
② アボカドを一口大に切る。かいわれは半分に切る。
③ 納豆はパックのタレを混ぜておく。
④ 生姜をみじん切りにして、玄米ごはんに混ぜ合わせる。
⑤ 器にごはんをよそい、具材を盛り付ける。
上から、ごまをふりかけて、出来上がり。

※ お好みで、海苔やミョウガ、大葉などトッピングしてもおいしくいただけます。

ごはんを玄米にすると、ビタミンB1がプラスできます!
まぐろやアボカド、納豆、卵が加わることで、玄米が苦手な方でも食べやすいと思います。
刻んだ生姜をごはんに混ぜると、代謝アップと疲労回復につながります!
ビタミンB群をたっぷりとれるおいしいどんぶりごはん♪
ぜひ、お試しください♪

木沢いずみ

梅酒と青森ごはん tuakjam オーナー。

2007年より三軒茶屋にて、「梅酒と青森ごはん」の店、『tuakjam』をオープン。今年で10周年を迎えます。

以前働いていた焼酎バーでの知識を生かして、“酔いしれる「梅酒・焼酎・泡盛・果実酒」を中心に取り揃え、「お酒に合うごはん」を提供しております。一人飲みを楽しく、日々の生活に寄り添う、まさに“大人の学校”のような、お店です。『楽しみながら学ぶ』というのを、テーマに、和ごはん料理教室も定期的に開催。

また、『武士の食卓』では、プロ講師を取得。和文化をみなさんと一緒に「おいしく、楽しく」日本の文化を継承していきたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP