《香港情報》第4回 香港唯一の本場ウクライナ料理を嗜む

ボルシチはウクライナ料理の郷土料理だと、ご存知でしたか?

昨年、香港島の中環(セントラル)で長年ウクライナ料理店を営む、「Ivan The Kozak(アイヴァン ザ コザック)」に初めて伺いました。

ここでは異国情緒溢れる店内で、ウクライナ人のシェフが手がける本格的なウクライナ料理がいただけます。

特におすすめしたいのが、「毛皮のコートを着たニシン」と呼ばれるサラダ。
ビーツをメインに、ニシン、ジャガイモをサワークリームで味付けし、深みのある味わいが特徴です。

熱々の石鍋でジュージューと音を立てて運ばれ提供される「ラムと野菜の煮込み」もまた、なかなかお目にかかれない一品。臭みの少ない骨付きラム肉と野菜をたっぷり使った、塩ベースのスープ煮込みで、赤ワインやパンとの相性バッチリで、後を引くおいしさです。

 

アルコール類も豊富に取り揃え、リトアニアのビールやジョージア(グルジア)の赤ワイン、自家製のウォッカなど、珍しい産地のお酒を楽しめます。

ほかにも、ポークリブやビーフストロガノフなど、どれも日本人好みのテイストですので、ぜひ一度、お試し下さい。

【Ivan The Kozak】
住所:1/F, Parekh House, 63 Wyndham Street, Central
電話:2851-1193
時間:月~金12:00 – 00:00、土・日・祝日18:00 – 00:00
アクセス:中環(セントラル)駅D2出口から徒歩6分

高橋 彩(たかはし あや)

日本人の香港在住者向けに、香港の食やビジネス、観光スポットなどを届けるフリーマガジンの編集者。
日本では、ディスプレイデザイナー、住宅系雑誌の編集、婚礼会社のマーケティングを経験。
2016年8月に香港へ移住。3月に約6,000人が住む離島に引っ越し、平日は都心ライフ、週末はゆったりと島時間を満喫している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP