Vol.12 睡眠と脳のクセ

おはようございます。
人生、丈夫に寝たもん勝ち!2分間コラム。今回は、「脳のクセと睡眠」のお話です。

読者の皆さんに質問です!
「貴女は、何のために眠りますか?」

こんなふうに思っている方いませんか?
「寝なくちゃいけないから。」

ちょっと待って!これはよくある脳の思いグセ。口癖の人もいます。
~しなくてはならない。~ねばならない思考。
実はこれは睡眠を位置づけるのに最もやってはいけない考え方です。

~しなくてはならないの裏には、「本当はやりたくないけどやらなければいけない」が隠れています。何気なく口にしていませんか?「寝なくちゃいけない!」
言葉は言霊です。私たちの脳は思っている以上に言葉に素直に引っ張られます。
睡眠をイヤなことだったり、まるで訓練か修行のように脳に刷り込まれてしまいます。

寝なくちゃいけない✖ ⇒ 眠りたい♪◎
言葉尻だけでも良いので、変えて欲しいのです。

さらに、何のために眠りますか?の質問に、こう答える方も多いでしょう。
生きるため、疲れたから、眠いから。
その通りです。まったくもって間違いではないのですけど・・・。

私は睡眠とは単に生き物として生きるためだけにあるとは思いません。「生きる」ための睡眠ならば必要最低限で生きられます。しかし、折角この時代の日本に生まれてきました。この社会で「活きる」あなたらしく活躍するための睡眠をとって欲しいと思っています。

睡眠は「欲」であると同時に、『行動』です。
動機のないところに行動は起こせません。さらに、今現状睡眠に何らかの不満があって改善したいと考えているならば、その行動にはより強い動機が必要です。

疲れたから寝る・・ではなく、疲れが取れるとその結果、どんな良いことがあるの?どんなメリットが?そのために眠りたい!と脳を変換して欲しいのです。

私は接客業だしお客様に最高の笑顔で対応したいから。だから寝たい。でも良いです。明日の企画会議ではヒラメキが期待されてる!だから寝たい。でも良いです。明日はパーティーだし、肌コンディションバッチリで登場したい!でもO.K.
目的達成のために眠りたい=Wantで考えてみて欲しいのです。

より良い眠りを得るためには、寝なくちゃいけない✖⇒眠りたい◎です。

「貴女は、何のために眠りますか?」
たまにで結構です。考えてみてくださいませ。

それでは、今夜も良い眠りを・・・「人生、上手に寝たもん勝ち!

プロフィール

Sleep Performance Company (スリープ パフォーマンス カンパニー)
代表:小林 瑞穂 (こばやし みずほ)
研修講師/薬剤師/睡眠改善シニアインストラクター(日本睡眠改善協議会)

埼玉県出身。薬科大学卒業後、営業職に従事。医療の現場で心を病む人が増加している現状を目の当たりにし、心理カウンセラー資格を取得。その後、睡眠問題を深く掘り下げるためメンタル専門の薬剤師となり、延べ5万人以上の「眠りの悩み」に関わる中で、睡眠は心と体を元気にし、目の前のあなたに笑顔をもたらす!と確信を得る。
日本にわずか10名ほどしか存在しない『睡眠改善シニア指導員資格』を取得(H29年3月現在)。睡眠活用の専門家として、社会人が今よりもっと輝くための『ハイパフォーマンス睡眠法』に関するセミナーや、講演活動、『生産性向上のためのセルフリーダーシップ睡眠研修』など、企業研修・安全大会講演を実施。体感型ワークを多く取り入れた講座は、「すぐに実践できる」「スッキリ起きられるようになった」「仕事の効率化が計れた」「働き方改革に繋がった」など、好評を博している。

新聞連載・各種メディアでのコラム執筆や、TV出演等も行っている。
*著書:『できる大人の9割がやっている 得する睡眠法』(宝島社)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP