《食》Hanako世代のお花見ごはんレシピ

皆さま、こんにちは。和文化チームかぐや姫の食担当の木沢です。

最近は、雨が多かったり、太陽が顔を見せたりと、いろんな気候で、季節の変わり目を感じます。春が近づいてる証拠ですね。
梅も散り始め、桜の蕾がふくらんでいるのをみると、なんだか、ワクワクしてきます。
桜が咲くと、皆さんの恒例行事、「お花見」の、予定が入ってくるのではないでしょうか。
桜の木の下で食べる、お家から桜を見ながら食べる、お散歩しながら食べる、それぞれの「お花見ごはん」がありますよね。
今回は、春の食材で、お花見ごはんのレシピを伝授いたします!
いつもは、1つの食材がテーマに年代別に分けておりますが、今回は、3つの食材を使ったレシピのご紹介をいたします!

ひとつめは、『たけのこ』
春野菜といえば、私も大好きなたけのこ。
『たけのことうずらとトマトのピンチョス』
【材料 2人分】
たけのこ 100g
ミニトマト3こ
うずら 3こ
塩胡椒 (なるべく高級なやつ)

【作り方】
① たけのこを3センチ程度の角切り。
② ミニトマトは半分に切る。
③ たけのこを塩胡椒で焼き目がつくくらい焼く。
④ 爪楊枝に順番にさしていく。

ふたつめは、『じゃがいも』
やわらかくして、団子風に!
『3色じゃが団子』
【材料 2人分】
じゃがいも 3こ
桜えび 大さじ1
青のり 大さじ1
生クリーム 大さじ1
塩コショウ 少々
マヨネーズ 大さじ2
【作り方】
① じゃがいもをレンジで8分程度あたためる。
② 皮をむいて、じゃがいもをつぶしながら、生クリーム、塩胡椒、マヨネーズをいれて、和える。
じゃがいもは、
③ プレーン、桜えび入り、青のり入りの3つに、わける。
④ 一口大に丸めて、爪楊枝にさす。

みっつめは、『芽キャベツ』
小さくて、コロコロしたキャベツ。芽キャベツは、今の季節にぴったりの野菜です!
『芽キャベツのアンチョビポテト』
【材料 2人分】
芽キャベツ 6こ
じゃがいも 2こ
アンチョビフィレ 1切れ
オリーブオイル 大さじ2
【作り方】
① 芽キャベツは、半分に切る。じゃがいもは、きれいに洗い、皮付きで、一口大に切る。
② オリーブオイルをひき、温まったら、じゃがいもを焼き目がつく程度に、中火で炒める。串でさして、火が通ったのを確認したら、皿にうつす。
③ 芽キャベツを焼き目がつくまで炒めて、みじん切りにしたアンチョビフィレを一緒に炒める。ある程度炒めたら、じゃがいもをいれて、さらに炒める。

どれも、とてもシンプルなので、なるべく、いい食材、いい調味料を使ってくださいねー!その方が、素材の味をふんだんに味わえますし、野菜本来の味が、生きます!
お弁当に入れて、彩り豊かな和ごはんで、お花見をさらに素敵に演出できればと思います。
楽しいお花見になりますように、皆さま、春をお楽しみくださいませ。

木沢いずみ

梅酒と青森ごはん tuakjam オーナー。

2007年より三軒茶屋にて、「梅酒と青森ごはん」の店、『tuakjam』をオープン。今年で10周年を迎えます。

以前働いていた焼酎バーでの知識を生かして、“酔いしれる「梅酒・焼酎・泡盛・果実酒」を中心に取り揃え、「お酒に合うごはん」を提供しております。一人飲みを楽しく、日々の生活に寄り添う、まさに“大人の学校”のような、お店です。『楽しみながら学ぶ』というのを、テーマに、和ごはん料理教室も定期的に開催。

また、『武士の食卓』では、プロ講師を取得。和文化をみなさんと一緒に「おいしく、楽しく」日本の文化を継承していきたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP