自分にあった資格活用の方法や働き方とは?

こんにちは。キャリア&マネー協会、神楽坂女子俱楽部の代表をしている高村祐規子です。
私は独立して12年経ちます。女性のキャリアに関する仕事(キャリア研修やキャリアコンサルタントとして1万人ほどの女性との面談経験など諸々やってます)
ここ数年毎日、新聞にAIに関する記事がいくつも出てきています。1月にも日本の大手生命保険会社のある部署にIBMのワトソンが入り、34名がリストラされた記事が出ていました。

2013年にイギリスオックスフォード大学のマイケル・オズボーン准教授らが発表した『雇用の未来—コンピューター化によって仕事は失われるのか』で702の職種についてコンピューターの取って代わる確率を出してから色々なメディアで「なくなる仕事・残る仕事」等の特集が組まれるようになりました。

20170309_1日本では野村総研がオズボーン准教授たちと共同でAI・ロボによる代替可能性として今ある仕事の49%が無くなるという発表をしました!!(10年~20年以内に!!)
具体的な職種名はおいおい出していきますが。アメリカは47%、イギリスは35%と日本より低いんですよね。理由は「ホワイトカラーの労働生産性が低く、AIやロボで代替できる仕事をしている人が多いからでは?」だそうです!!

20170309_2

とは言え、新しい職種もできてくると思うので今から「どこか抜け道はあるかな?」「まだ時間があるから何を身につけたらいいかな?」と前向き思考で現実を見ると必ず自分にあった資格活用の方法や働き方が見えてくると思っています!そのあたりをゆるーく書いていきますので、よろしくね!

20170309_3

 

 

 

高村祐規子プロフィール

大学卒業後、株式会社ノエビア入社、アメリカに留学。
帰国後、株式会社リクルート入社。人材関連の部署に勤務。
2000年に社内公募により、リクルートエイブリック(現リクルートエージェント)に社内転職。
女性専門のキャリアアドバイザーとして、4年半勤務。
2005年に中小企業振興公社のベンチャー試験に合格し、独立。
2012年3月法政大学大学院経営学研究科キャリアデザイン学専攻卒業
【主な活動】
企業における女性社員向キャリア研修の企画・運営、キャリア面談、女性向け講座の運営等をメインに活動。他、派遣会社のコンサルタントとして人材戦略に関するプロジェクト運営や大手外資系企業の女性支援プロジェクトの運営等。
女性専門のキャリアカウンセラーとして、現在まで約1万名の女性たちとの面談経験がある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP