負けるが勝ちの人間関係

黒田 めぐみ

催眠心理セラピスト。NLP認定コーチ。産業カウンセラー

 

【負けるが勝ちの人間関係】

こんにちは、心理カウンセラー☆黒田めぐみです。

◆―――
今の職場の上司は、
挨拶しても返してくれないし。
ちょっとした仕事の相談をしても、
キチンとした対応がありません。
ちゃんとしようとしている自分がバカみたいに
感じてしまいます。
―――◆

 

このようなボヤキを聞くこと、ありませんか?
自分自身でも同じような気持ちになったことありませんか?

社会人として、

□ 挨拶をきちんとする
□ 話を聴くときは相手に向き合って
□ 誠実に丁寧に
□ 行動に対して「ありがとう」、「ごめんなさい」の気持ちを伝える。

気持ちの良い対応を心掛けている人のほうが多いですよね。

ところが、

そのあたりまえが、通じない人がいます。
職場全体が、あたりまえが欠けているところもあります。
残念なことですが・・・。

そうすると、

その好ましくない対応のほうが「あたちまえ」になってしまうのですね。

自分だけが「損をしている」ような、
挨拶したり、誠実に対応することが、
相手に「負けているような」気持ちになります。

ここは、
負けるが勝ち
損して得取れ

・・・と、思い方のフレームを替えてみたらどうでしょう?

私も会社員の頃に、同じような上司がいて

「もういいもんっ!」

と、思ったことがあります。

ところが、

先輩が、「損したほうが得なのよ」と
「同じ土俵にのってはダメよ」と慰めてくれました。

どういうことかというと、

対応の悪い上司にも分け隔てなく(ように見えるように)
笑顔で挨拶をして、

お仕事の指示や報告も誠実に(なように見えるように)
対応していると、

・・・続きはこちらをご覧ください。

https://ameblo.jp/therapis-college2/entry-12357506739.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP