相手の立場に立つための3ステップ

黒田 めぐみ

催眠心理セラピスト。NLP認定コーチ。産業カウンセラー

「相手の立場に立つための3ステップ」

 

こんにちは、心理カウンセラー☆黒田めぐみです。

◆―――

後輩や部下に

「お客様の立場に立って行動してね。」

「お客様の気持ちを考えて、サービスに努めましょう!」

でもなかなか伝わらなくて・・・。

―――◆

 

なぜ、お客様の立場に立つことが大切なのか。

彼らに目的を伝えれば、言葉の意味は分かるし、

重要性も理解しているのですが、

行動として何をすればいいのか

なんだかピンと来ないらしい。

 

カウンセリングの現場でも

マネジメント職の方から

このようなお話をよく伺います。

 

記事にもよく書くのですが、

このようなお話をする方は、

若いころから、ご自身で考えて、行動して

しっかりと失敗して、それを検証して、

また積極的に上司に相談したり、

お手本になる先輩がいれば、

こっそり盗んだり(良い意味で)して

身につけてきた主体性のある方です。

 

ですので、

逆に言えば、相手(部下)の立場に立つことが

あまり上手くなかったりします。

 

出来る人にとっては、

「相手の立場に立つ」とか「相手の気持ちを察する」

・・・は、「あたりまえ」と思いがちです。

 

しかし、

カウンセリングの現場で聴く

逆の立場にいる社会経験が少ない

若い方々からは悲痛な声が。

 

「CSやホスピタリティが大切なのは分かるけど、どうやるの~」

「やっているつもりなんだけど、うまくいかない」

経験の浅い若い方は、

まだ失敗の経験も、成功の経験も少ないのです。

ですので、もうちょっとステップを踏んで

伝えてもいいのでは?

 

それこそ、

相手の立場に立って「どう伝えたら伝わるか?」

・・・・と、いうことです。

 

たぶん、

相手の立場に立つことの大切さを知った方々は、

こんな風にして学んできたのではないかと思います。

それは、・・・続きはこちらをご覧ください。

https://ameblo.jp/therapis-college2/entry-12325785345.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP