梅の畑農園 梅干

ご協賛者: (株)東京円結び 「梅の畑農園 梅干」

<カグジョレポート>

日本の健康食品の代表の一つとも言える「梅干」。疲労回復成分のクエン酸が多く含まれ、通勤やオフィスの冷房、そして日々のストレスと戦っている私たち女子には欠かせませんよね。とは言え、酸っぱ過ぎたり塩辛過ぎたりして、意外と自分好みのモノに巡り合う事が難しくないですか?

ところが、この梅干ビックリなんです!まろやかな甘味で、蜂蜜漬けかと思いきや!?天然の甘味なんだそう。あんずの様な甘い香りを発し、淡いオレンジ色に完熟して柔らかくなった実。その甘い実を陽の登らない薄暗い早朝から手で一粒ずつ丁寧に拾い集めてできたのが、この梅干なんですって!だから、自然の甘味でご飯とも相性抜群。それだけでなく、白桃とアイスクリームを合わせたり、白湯に入れて梅の香りをお茶の様に愉しんだり、デザート感覚でも味わえちゃうんです。

本物思考で、自分磨きに余念のない女性には是非試して頂きたい一品です!

<協賛者から> 

梅干と言うと国内では、多くの産地も種類も豊富。その中でも海外でも其の名の通る「南高梅(なんこううめ)」。そうした中でも、この梅干の里、みなべ町には今でも明治時代品種改良を行った先人、教諭 竹中勝太郎が教鞭をとられた南部高校が在ります。

そんな梅の里の中でも、この梅の生産者のご苗字は「梅畑(うめはた)」さんと言って、遠いご先祖様から梅農家として梅干し生産をされてきました。手塩にかけて一年を通じて梅干し作り(収穫、塩漬け、天日干し、土用干し、塩分調整、冬の根伐り作業)に励み、南高梅独特の柔らかい香りを活かし、天然の甘味を存分に感じて頂ける商品を生み出して来られました。

また特徴として、貴重な特別大きなサイズの梅をお取り扱いさせて頂いております。完熟した実は、表皮も非常に薄いため、一粒一粒を丁寧に扱わなければ、単なる果肉になってしまいます。見た目にも美しく、また大きな粒を頬張る充足感はたまりません。今まで知っていた「梅干」の印象とは全く異なります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP