人は誰でもメゲるのです!

小野寺敦子

エゴレジ研究所代表。心理学博士。目白大学人間学部心理カウンセリング学科教授。同校心理学研究科大学院修士課程教授。同校心理学研究科博士後期課程教授。臨床発達心理士・三越伊勢丹アポセカリー顧問。NYこどものくに東京 理事。

 

 

畑 潮

エゴレジ研究所GM。GCDFキャリアカウンセラー

 

 「ポジティブ心理学~メゲない自分の作り方~」

人は誰でもメゲるのです!

スレスフルな社会生活に果敢に立ち向かっている現代人は誰もがメゲたり、凹んだりするものです。その理由もメカニズムもさまざまです。でも、誰もが持っている力「エゴレジ力」を高めることで、それぞれの状況に応じて自我のバランスをとる力を強化し、メゲたり凹んだりしても、すぐに立ち直る力を養うことが可能なのです。エゴレジ研究所の小野寺と畑が、お手伝いします。

 

エゴ・レジリエンス(Ego-Resilience:略称エゴレジ)は、日々のストレスに直面してメゲたとき、自我egoを調整しバランスをとって元の元気な自分、少しでも気分のいい感じの自分に戻ろうとする力です。

エゴの調整ってなに?

それは、「オーバーコントロール」という「~すべき、~してはならない」など過剰に自分の行動や感情を抑制する働きと、「アンダーコントロール」という「~したい、~したくない」など自分の欲求をすぐに行動や感情に表す働きの「レベル調整」です。その時々の自分の状況に応じて、どちらかを上げたり下げたりして心のバランスをとります。


エゴレジの力が高い人は、何かイヤなこと、メゲてしまうようなことがあったときでも、「オーバー」と「アンダー」のレベルを調整しながら、直面したストレスフルな状況を跳ね返したり、やり過ごしたり、柔軟に自分にあったレベルを見つけて心のバランスをとり、素早く元の状態に戻していくことができるのです。
例えば、締切目前の仕事中など、どんな誘惑も退けて必死に頑張っているときは、オーバーコントロール下にあります。一方、締切に間に合って一仕事終え、軽く一杯やってカラオケで唄っているときは、アンダーコントロール下にあります。臨機応変に、その状況に適したレベルにオーバーとアンダーを柔軟にコントロールするスイッチが「エゴレジ」です。

 

※エゴ・レジリエンスは、米国カルフォルニア大学のJack Block教授が1950年代に明らかにされたもので、多くの実証研究が行われています。

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP