年代別 オトナ女子に必要な食べ物〜50代編

木沢いずみ

梅酒と青森ごはん tuakjam オーナー。

2007年より三軒茶屋にて、「梅酒と青森ごはん」の店、『tuakjam』をオープン。今年で10周年を迎えます。

以前働いていた焼酎バーでの知識を生かして、“酔いしれる「梅酒・焼酎・泡盛・果実酒」を中心に取り揃え、「お酒に合うごはん」を提供しております。一人飲みを楽しく、日々の生活に寄り添う、まさに“大人の学校”のような、お店です。『楽しみながら学ぶ』というのを、テーマに、和ごはん料理教室も定期的に開催。

また、『武士の食卓』では、プロ講師を取得。和文化をみなさんと一緒に「おいしく、楽しく」日本の文化を継承していきたいと思います。

 

 

藤本博子(福原百麗)

伊藤忠商事を皮切りに、転職8回、事務職から営業、大道芸人まで20の職種を経験。16年間、人材派遣・紹介会社にて営業、転職コンサルタントとして勤務後、独立。

これまでのべ1万人以上の就業・転職サポートを行い、2013年には人材大手転職サイト主催のスカウトコンテストにて1位(部門別)獲得。

現在、民間委託の求職者支援訓練指定校(セラピスト養成)にて就職支援講座(自己分析、就活実技、顧客サービス等)及びキャリアカウンセリングを担当。現在、京都造形芸術大学で芸術学を学びながら、アートを取り入れた「じぶん分解ワークショップ」を開発。訓練校やセミナー等で広く活用している。

一方、長唄囃子福原流笛方として演奏活動の他、洋楽(フルート)との比較やビジネスの視点から見た指導は非常にユニーク。

 

年代別 オトナ女子に必要な食べ物〜50代編

いよいよ夏到来!皆さま、いかがお過ごしでしょうか。
水曜日の食のコラム担当の木沢いずみです。
青森出身の私にとって、過酷な季節がってまいりました。。青森は夏でも夜はエアコン要らずなので、とても快適なんです!
どこでもドアがあれば、青森まで夜寝るために行くのになー(笑)と、妄想しております。

今回は、50代の女性にクローズアップして、必要な【食べ物】【食べ方】【過ごし方】を書いていきます。

女性の体は、50歳前後で更年期を迎え、体質や代謝が今までとガラリと変わります。
そこで、低糖質の食事をすることが、「ヘルシー美人」の鍵となってきます。

50代の女性のお悩みは

  1.  物忘れ
  2.  老眼
  3.  閉経
  4.  体力の低下
  5.  白髪が増えた

などが挙げられます。
これは、女性ホルモンの分泌の低下が原因でもあります。
そのせいで、自律神経のバランスが乱れやすく、心も不安定に。
そして、「お肌」にも、変化があらわれます。

50代からの体のエネルギー源は、「糖質系のエネルギー回路」から、「ミトコンドリア回路」に変わります。
わかりやすくいうと、体を動かす動力源が変わってくるということです。

解糖系のエンジンは、糖質(炭水化物)からエネルギーを抽出します。
ミトコンドリア系のエンジンは、酸素を中心にエネルギーを作り出すと言われています。

体内のミトコンドリアを増やせば、
「細胞の老化を遅らせることができる」
●老化防止効果
「脂肪やブドウ糖の代謝が促進され太りにくくなる」
●ダイエット効果
も、期待できます。

ミトコンドリアが、最も必要としているのは、糖質ではなく、「酸素」です。
また、「高体温」「低糖質の環境」にある時、良好に働きます!

体に新鮮な酸素をたっぷりと送り届けてあげることが大切です。
ウォーキングや、適度な有酸素運動を行い、外に出て、ぜひ「深呼吸」をしてみてください。

そして、毎日ゆったりと、リラックスそた気持ちでお風呂に浸かることで、高体温の体内環境を作ってください。
体を冷やさない工夫も心がけてくださいね。

更年期の女性に必要な栄養素は、
●カルシウム(1日800〜1000mg)
●食物繊維
●タンパク質(1日 卵1〜2個 納豆1パック 豆腐半丁 肉、魚 100g )

そして、
●ホルモンバランスを整える
「ビタミンB6」
●女性の分泌をサポートする
「ビタミンE」
です。

そこで、必要な栄養素たっぷりの簡単に作れるレシピを伝授いたします。

『ヘルシー塩麻婆豆腐』

【材料 2人分】

  • 木綿豆腐 200g
  • 鶏ひき肉 60g
  • ほうれん草 150g
  • 長ネギ 5cm
  • にんにく 1片
  • 生姜 1片
  • 赤唐辛子 1本
  • ごま油 大さじ2
  • 酒 大さじ1
  • 顆粒中華だし 大さじ 1/2
  • 塩 ひとつまみ
  • 黒こしょう 少々
  • ラー油 少々

【作り方】

  1.  みじん切りにしたにんにく、生姜、長ネギをごま油で炒める。
  2.  香りがたってきたら、酒を入れて、鶏ひき肉をいれて、炒める。
  3.  火が通ったら、木綿豆腐とほうれん草を軽く炒める。
  4.  みじん切りにした赤唐辛子も、だし、塩を入れて、味を整える。
  5.  仕上げに、黒こしょう、ラー油を入れる。

もし、とろみが欲しかったら、水溶き片栗粉で仕上げます。
時短で、今回はとろみつけなくても美味しく食べれます!!
玄米ごはんと、一緒にぜひ、食べてみてください♪
あと、マグロやカツオもビタミンB6が豊富なので、お刺身をもう一品食卓にいかがですか?

「運動」と「腹八分目」は、昔から言われている健康の秘訣です。
日常の中で、食事のメニューに気を配り、軽い運動をするだけで、ミトコンドリアわ増やすことができます!
細胞の老化を可能な限り遅らせ、健康で美しい体を維持しましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP