女性必見・アラフォー男性のミドルエイジクライシス

黒田 めぐみ

催眠心理セラピスト。NLP認定コーチ。産業カウンセラー

 

【女性必見・アラフォー男性のミドルエイジクライシス】

こんにちは、心理カウンセラー☆黒田めぐみです。

しばらく前に流行った言葉ですが、ゴーギャンコンプレックスというのがあります。

いまは同じような意味合いで、ミドルエイジクライシスともいうようです。

アラフォー男性の傾向についてのお話ですが、女性も情報として理解しておくと、プライベートなパートナーシップや、職場での人間関係にとても役立つと思います。

ワタクシは、「男 40才 変換説」と言っています。

すごーく、ざっくり言うと、安定した仕事も、家族も、放り投げて、本当の自分自身を取り戻したい欲求です。

カウンセリングに訪れる男性で、経験則的に30代後半から、40代前半。

アラフォーと言われる男性は、似たようなご相談がとても多いのです。

※そもそも当ルームは男性のお客様が6~7割なのですが。

最初は、

仕事について疑問をおぼえます。

20代は、何もわからず、仕事をおぼえて、がむしゃらに頑張ってきた。
30代は、守るもの(家庭)ができて、そのためにも真面目に働いてきた。

「あれ・・・?」

最近仕事で求められているものと、自分の心の奥にある、「何か」に、ズレが、違和感が、ある気がする。

しかも、男性は感情を感じることが女性より苦手ですし、仕事に感情を持ち込まないトレーニングもされていますから、このズレが、体調不良や、モチベーションの低下などで表れ始めます。

※そして加齢からの体力低下も手伝ってしまいます。

「放り出せるわけないじゃん!!」

子供は、一番お金がかかる時期。

親は、年とってきて、頼るよりも、支える時期。

仕事は、今まで築いた実績と自負。

役職は、下も育てなきゃ。上からは期待という重圧が。

「でも、やっぱり・・・。」

何もかも、放り出して、本当の自分を探しに旅立ちたくなる。

でも、そんなこと、出来るわけがない。

そもそも、

「自分の生き方って、働き方って、人生って何だったんだろう?」

「何か知らないうちに諦めてきたものがあったんじゃないか?」

このような、葛藤です。
たぶん、多くの男性が感じていることだと思います。

男40才、会社員として半分。

人生でも半分の折り返し地点です。

生き方を問う時期なんですね。

正直、・・・続きはこちらをご覧ください。
https://ameblo.jp/therapis-college2/entry-12020278701.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP