夏の和ごはんの食べ方

木沢いずみ

梅酒と青森ごはん tuakjam オーナー。

2007年より三軒茶屋にて、「梅酒と青森ごはん」の店、『tuakjam』をオープン。今年で10周年を迎えます。

以前働いていた焼酎バーでの知識を生かして、“酔いしれる「梅酒・焼酎・泡盛・果実酒」を中心に取り揃え、「お酒に合うごはん」を提供しております。一人飲みを楽しく、日々の生活に寄り添う、まさに“大人の学校”のような、お店です。『楽しみながら学ぶ』というのを、テーマに、和ごはん料理教室も定期的に開催。

また、『武士の食卓』では、プロ講師を取得。和文化をみなさんと一緒に「おいしく、楽しく」日本の文化を継承していきたいと思います。

 

 

藤本博子(福原百麗)

伊藤忠商事を皮切りに、転職8回、事務職から営業、大道芸人まで20の職種を経験。16年間、人材派遣・紹介会社にて営業、転職コンサルタントとして勤務後、独立。

これまでのべ1万人以上の就業・転職サポートを行い、2013年には人材大手転職サイト主催のスカウトコンテストにて1位(部門別)獲得。

現在、民間委託の求職者支援訓練指定校(セラピスト養成)にて就職支援講座(自己分析、就活実技、顧客サービス等)及びキャリアカウンセリングを担当。現在、京都造形芸術大学で芸術学を学びながら、アートを取り入れた「じぶん分解ワークショップ」を開発。訓練校やセミナー等で広く活用している。

一方、長唄囃子福原流笛方として演奏活動の他、洋楽(フルート)との比較やビジネスの視点から見た指導は非常にユニーク。

 

夏の和ごはんの食べ方

皆さま、こんにちは。水曜日の食のコラム担当の、「和文化チーム かぐや姫」の木沢いずみです。

この前のランチ会、皆さまお疲れ様でした。とても、楽しいパーティーになりました!私の座っていたテーブルは、とても和やかで笑いの絶えない明るい空間でした!

少しですが、Hanako世代のカラダによい和食のお話しをさせていただきました。
もっと知りたいと話してくれた方も多くいらっしゃったのが、とても嬉しかったです。

そこで、今回は、猛暑の夏が続いていますので、「夏の和ごはんの食べ方」について、お話しさせていただきます。

50代からは、より野菜も多めに取ることも大切!と、この前のパーティーでお話しさせていただきました。
色鮮やかな野菜や、瓜系の『夏野菜』を食べることは大前提。
夏野菜は、カラダに溜まった余分な熱を取ってくれる食べ物ですが、夏に必要な栄養素もたくさん入っています!

実は、室内や電車などの冷房によって、夏でも体が冷えている女性が増えています。
体が冷えると、新陳代謝が低下するだけでなく、免疫力も低下し、疲れやすくなり、
●肌荒れ
●便秘
●下痢
●肥満
などを、引き起こす原因にもなります。

「冷え」を感じた時、夏の「陰」の食べ物をやや控えめにして、薬味など「陽」の食べ物を多めにとり、冷たい食べ物や飲み物は避けた方がよいでしょう。
●きゅうり
●トマト
●にがうり
●茄子
●豚肉
などが、体の熱を除く、「陰」の食べ物。
瓜系は、「すべて体を冷やす」と、覚えておくとよいでしょう。

なるべく胃に負担をかけないように、よく噛んでください。
消化がよくなるだけでなく、噛んでいる間に、多少食べ物の温度も上がります。それだけで、胃の負担はグッと軽くなります。

そして、汗をかいたら、たっぷりと水分を補給しましょう。
夏に最適な飲み物、意外かもしれませんが、「こんぶ茶」がオススメなんです!

お茶は利尿作用が強いため、水分を外に出してしまい、ミネラルも不足してしまいます。
それに比べて、こんぶ茶は、汗をかいた時に必要とされる塩分もミネラルもバランスよく含まれています。
付属のスプーンの半分くらいで、約10倍の常温の水に溶かして飲んでください。

では、今回のレシピ、ご紹介いたします!

【夏野菜の豚肉だんごスープ】

材料2人分
⚫︎豚ひきにく 100g
⚫︎にんにく 粗みじん切り 小さじ2
⚫︎片栗粉 小さじ1
⚫︎日本酒 大さじ1
⚫︎塩、胡椒 各少々

⚫︎ズッキーニ 1/2本
⚫︎冬瓜 50g
⚫︎トマト 1個
⚫︎水 300cc
⚫︎鶏がらスープの素 大さじ1
⚫︎塩胡椒 各適量

【作り方】
① 肉団子の材料を、すべて合わせる。だんごを作っておく。
②鍋に水に、鶏がらスープの素、ズッキーニ、冬瓜、トマトを入れて、約5分煮る。
③鍋に肉団子と少しお酒を入れて、さらに塩胡椒入れて、味を整える。

簡単で、おいしく夏野菜をとれます!
ぜひ、お家でおいしくヘルシーに夏を乗り切ってください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP