否定クセをやめるために

黒田 めぐみ

催眠心理セラピスト。NLP認定コーチ。産業カウンセラー

「相手の立場に立つための3ステップ」

 

こんにちは、心理カウンセラー☆黒田めぐみです。

◆―――

でもさ、

だってね、

それ、違わない?

―――◆

ついつい、

否定的な言葉を使ってしまうことがあります。

そうすると、

会話が途切れてしまったり、

小さな諍いのきっかけになったりしますね。

それも嫌なので、

言わない方がいいと、言葉をゴックンと飲込む。

しかし、表情や態度に否定的なムードが漂ってしまう。

人って否定されるの嫌ですものね。

否定は、自分を拒絶されている気分になりやすい。

どうして、否定したくなってしまうのか・・・。

その人それぞれの背景があるのですが、

例えば、以下の3つのケースが考えられます。

①自分の考えがあるとき

②相手に期待をしているとき

③相手を受け入れるのが怖いとき

①自分の考えがあるとき

相手よりも良いアイデアがあったり、
自分のほうが正しいと思い込んでいるとき…等

②相手に期待をしているとき

もっと能力があると思える人(相手)が、
その力を発揮していないとき…等

③相手を受け入れるのが怖いとき

相手が思っていた以上のアイデアを出してきて、
自分のキャパを超えているとき…等

さて、自分で使っている「否定的な言葉」は
どれに当てはまるでしょう。

また、相手が使っている「否定的な言葉」は
どれだと感じますか。

それを意識しながらも、

会話の中ですることは①②③ともすべて同じです。

まずは、・・・続きはこちらをご覧ください。

https://ameblo.jp/therapis-college2/entry-12288581483.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP