リーダータイプとフォロワータイプのコミュニケーション

黒田 めぐみ

催眠心理セラピスト。NLP認定コーチ。産業カウンセラー

「相手の立場に立つための3ステップ」

 

こんにちは、心理カウンセラー☆黒田めぐみです。

【リーダータイプとフォロワータイプのコミュニケーション】

 

こんにちは、心理カウンセラー☆黒田めぐみです。

◆―――

私は良かれと思って
こうしてみたら?こう考えてみたら?と
指示やアドバイスをしていました。

「あの人は自分の考えを押し付けるよね」
・・・と言っているのを聞いて愕然。

私、価値観を押し付けていたのかも?

―――◆

こんなお話を伺いました。

 

で、ふたりで話した結果、

□ 押付け型と

□ 飲込み型が あるよねーってことに。

 

自分の価値観を主張して、相手を思ったとおりにしたくなるのが

□ 押付け型

いいところは、自分に自信があるリーダータイプ。

 

相手の主張(価値観)を受け入れすぎて、自分の意見が言えなくなる。
もしくは、自分の意見が分からなくなって、何も言えなくなるのが、

□ 飲込み型

いいところは、相手の気持ちを読み取るフォロアータイプ。

 

まあ、ざっくりとです。
特定の相手や環境によって、タイプは変わると思います。

□ 押付け型の人は、

相手に押し付けるのではなく、

「あなたは、△△って思うんだー。私は○○なんだけどどうかなー。」とか
「私は○○って思うけど、あなたはどう思う?」・・・などと

自分と相手の真ん中で、互いの主張(価値観)を受け止めるような気持ちで話すといいですね。

 

□ 飲込み型の人は、

相手から主張(価値観)されたとき、自分の中に取り入れるのではなく、

「あなたは、△△って思うんだー。」

・・・と、やはり一度、自分と相手の真ん中で受け止めてから、

 

自問自答で 「私はどう思っているんだろう?」

と自分の気持ちを感じる一呼吸が大切ね。

 

そして、

「私は○○と思うんだけど・・・どうかな?」

と、一言伝えるクセをつけるといいと思うのです。

 

□ 押付け型の人は、

・・・続きはこちらをご覧ください。
https://ameblo.jp/therapis-college2/entry-12331491705.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP