フレームのある人間関係つくり

黒田 めぐみ

催眠心理セラピスト。NLP認定コーチ。産業カウンセラー

 

【フレームのある人間関係つくり】

こんにちは、心理カウンセラー☆黒田めぐみです。

◆――――
仕事の質問があって、先輩に声をかけました。
「これって、どうすればいいんでしょう?」
そうしたら、返事をしてもらえなくて・・・。

聞こえなかったのかな?と思い

もう一度話しかけたら、面倒くさそうな顔でしたが
一応、応えてくれました。
――――◆

若い女性からこんな話を伺いました。

なんだか、どちらにとっても
気分がよくない会話になっていますね。
職場などで、こういう光景をよく見かけませんか?

しかし、

このようなやり取りをしてしまった先輩も、
何か事情や言い分があるかもしれません。

例えば、先輩は・・・

□個人的なことで機嫌が悪かった
□体調がすぐれなかった
□同じことを何度も聞かないでよ
□もっと自分で考えたら?

・・・などなど。

もしかすると、
残念ながらもともと意地悪な人かもしれないですねー。。。

とは言っても、
職場などでは、仕事上のやり取りは避けては通れません。

まして、自分が後輩だったりすると、

教えてもらわなくてはいけないことも多いでしょう。

そんなときは、

会話にフレームをつくることをお勧めします。

フレームを作るとは、

これから、○○を訊きます・○○します

…と事前に声をかけることです。

この場合、

「ちょっと訊きたいことがあるのですがいいですか?」
と事前に声をかけることです。

実は、

何かをちょっと尋ねるだけでも
相手が自分のために、時間を使ってくれるんですね。

その了承を得る行為が「フレームをつくる」ということです。

小さなことですが、
これは相手を尊重するということです。

YESと言ってもらえたら、

・・・続きはこちらをご覧ください。
https://ameblo.jp/therapis-college2/entry-11145544592.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP