パートナーとカウンセリングの相乗効果

黒田 めぐみ

催眠心理セラピスト。NLP認定コーチ。産業カウンセラー

 

【パートナーとカウンセリングの相乗効果】

こんにちは、心理カウンセラー☆黒田めぐみです。

カウンセリングでは、親子間、夫婦間、パートナー間のご相談もよく承っております。

家族やパートナーは、人間関係の一番の縮小形のため自分自身の考え方や受け取り方の傾向が色濃く反映されます。

□夫に変わってもらいたい
□妻に変わってもらいたい
□子供に気づいてほしい

・・・などなどと、始まることが多いのですが、

相手を変えることはとても難しいのです。

ですので、

結局は、自分が変わることが一番の近道なのですね。

何故なら、

自分からの働きかけが変われば、必ず相手の反応も変わってくるからです。

 

さらに、早く大きく変化するために、可能であれば、ご家族の方もご一緒にカウンセリングをすることをおすすめしております。

その時の状況により、

同席であったり、それぞれ別々にであったりしますが、同時並行すると、変化のプロセスが早く大きくなります。

それは、

「私はこう感じている」
「僕はこう思っていた」

という、二人では話しにくかった互いの想いを共有できること。

そして、

互いが変わるので、それぞれの働きかけが変わります。

それぞれからの反応が

・・・続きはこちらをご覧ください。

https://ameblo.jp/therapis-college2/entry-11995102783.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP