「エゴレジ力」測定!

小野寺敦子

エゴレジ研究所代表。心理学博士。目白大学人間学部心理カウンセリング学科教授。同校心理学研究科大学院修士課程教授。同校心理学研究科博士後期課程教授。臨床発達心理士・三越伊勢丹アポセカリー顧問。NYこどものくに東京 理事。

 

 

畑 潮

エゴレジ研究所GM。GCDFキャリアカウンセラー

 

 「エゴレジ力」測定!

スレスフルな社会生活に果敢に立ち向かっている現代人は誰もがメゲたり、凹んだりするものです。その理由もメカニズムもさまざまです。でも、誰もが持っている力「エゴレジ力」を高めることで、それぞれの状況に応じて自我のバランスをとる力を強化し、メゲたり凹んだりしても、すぐに立ち直る力を養うことが可能なのです。エゴレジ研究所の小野寺と畑が、お手伝いします

エゴレジは、日々のストレスに直面してメゲたり落ち込んだりしたとき、自我egoを調整し心のバランスをとって元の元気な自分、少しでも気分のいい感じの自分に戻ろうとする「弾力性」のことです。

ストレスを受けて跳ね返せる弾力性のあるボールか
ストレスを受けて凹んでしまう弾力性の弱いボールか

同じような失敗体験や対人関係の悩みに直面しても、前向きに取り組める人とそうでない人の違いを説明できるのがエゴレジの個人差です。エゴレジは理論的に導かれたものですが、多くの研究者(エゴレジの生みの親であるブロック先生やその共同研究者、さらに最近ではポジティブ心理学の研究者)が、さまざまな研究結果を報告し実証しています。

自分のエゴレジを測定してみませんか?

あなたのエゴレジは何点になりましたか?このチェックリストを作成したブロック先生とクレメン先生は、次のように区分しています。

20点以下=超低めエゴレジ
21~26点=ちょっと低めエゴレジ
27~36点=まぁまぁエゴレジ
37~46点=かなり高めエゴレジ
47~56点=超パワフルエゴレジ

このリストを使用して測定したエゴレジの研究で、クローネン, バンデヴァーター, ヤング(1996)1は、エゴレジの高い女性ほど心理的幸福感、夫婦関係の質、仕事領域での取り組み、身体的健康、身体イメージが良好であったと報告しています。同じようにオング, ベルゲルマン, ビスコット,ワラス(2006)2も、エゴレジが高い人ほど、日常的なストレスにうまく対処できていて、健康的な生活をしていることを報告しています。特に注目したいのは、フレドリクソン, トゥゲード, ウォー,ラーキン(2003)3の研究で、9.11の同時多発テロ攻撃前後のデータ分析によって、エゴレジの高い人は、ポジティブ感情によって抑うつ感を和らげていたこと、ポジティブ感情を通して生活満足度、楽観性などを増加させ成長していたこと、直面した問題の中にポジティブな意味合いを見つける傾向が強かったことを公表しています。

エゴレジは、誰もが持っている力です。ですから誰もがメゲた自分から立ち直ることができるのです。ただ、その力は人さまざま。「エゴレジ力」を高めることで、ストトレスを跳ね返し、すぐに折れてしまうことのない「弾力性」をもつことができるのです。

  1. Klohnen EC, Vandewater EA, Young A. (1996). Negotiating the middle years: ego-resiliency and successful midlife adjustment in women, Psychology and Aging, 11, 431-442.
  2. Ong,A.D.,Bergerman,C.S.,Bisconti,T.L.,& Wallace,K.A (2006). Psychological resilience, positive emotions and Successful adaptation in later life. Journal of Personality and Social Psychology, 91, 730-749.
  3. Fredrickson,B.L., Tugade, M.M, Waugh,C.E., & Larkin,G.R. (2003). What good are positive emotions in crisis? A prospective study of resilience and emotions following the terrorist attacks on the United States on September 11th, 2001. Journal of Personality and Social Psychology, 84(2), 365-376.
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP